1. HOME
  2. 最新情報
  3. 熱中症とは

INFORMATION

最新情報

ブログ

熱中症とは

太陽

暑さ指数をご存知ですか?

暑さ指数(WBGT)とは、人間の熱バランスに影響のとても大きい、

①気温
②湿度
③輻射熱(ふくしゃねつ)

これら3つを取り入れた温度の指標のことです。
熱中症の危険度を判断する数値として、環境省で平成18年から情報提供をしています。

暑さ指数=1:7:2

暑さ指数(WBGT)は、気温と同じ単位である【℃】で表示されますが、算出方法が異なります。

【1】 温度の効果
【7】 湿度の効果
【2】 輻射熱の効果

このように、全体を10とすると、1が温度、7が湿度、2が輻射熱といった割合で算出されます。
つまり、湿度というものが重要な指数となっているのです。

なぜ湿度が重要な指数なのか

湿度が高いところ=あせが蒸発しにくい

つまり、身体から空気へ熱を逃がす能力が減少してしまうのです。よって熱中症になりやすくなってしまいます。

<例>2011.7.6と2011.7.9の比較

7/6 7/9
最高気温 32.5℃ 32.5℃
最小湿度 41% 56%
日射量 24.82MJ 24.07MJ
WBGT 26.9℃ 29.9℃
暑さ指数 警戒 厳重警戒
熱中症搬送数 50人 94人

参考:環境省熱中症予防情報サイト

このように上記の表によると、気温は全く同じでも【湿度】が高い方が熱中症になる人が多くなるというデータが出ています。

熱中症の症状には3つの段階がある

重症度Ⅰ度

  • 手足がしびれる
  • めまい、立ちくらみがある
  • 筋肉のこむら返りがある
  • 気分が悪い、ぼーっとする

対処法

  • 涼しい場所へ避難する
  • 水分、塩分を補給する
  • 自力で水分が取れなかったら病院で手当をする
  • 必ず誰かがついて見守る

重症度Ⅱ度

  • 頭がガンガンする
  • 吐き気がする
  • 身体がだるい
  • 意識が何となくおかしい

対処法

服を緩めて、濡らしたタオルを当てる。身体を扇いだりして積極的に身体を冷やす。
ワキの下や両側の耳すじ、足の付け根などを冷やすと効果的。

<注意>
額や顔だけを冷やしても身体の熱は下がりません。必ず太い血管やからだ全体を冷やすようにする。

重症度Ⅲ度

  • 意識がない
  • 身体がひきつける
  • 呼びかけに対し返事がおかしい
  • まっすぐに歩けない
  • 身体が熱い

このような状態になる前にすぐに救急車を呼ぶことが大切です。

最新記事